HOME > コンテンツ

事前調査

商標登録する際には、事前に登録を受けることができるかどうかの調査を行った方がよいでしょう。

商標登録は、出願すればすべて登録になるわけではありません。
出願した後に、特許庁の審査官による審査を経る必要があります。
審査の段階で、商標登録を受けることができる商標かどうか判断されます。

商標登録を受けることができない商標であると判断された場合には、拒絶理由が通知されます。
拒絶理由が通知された場合には、出願人は意見書や補正書を提出して、
審査官の判断に反論したり、補正を行ったりして、拒絶理由を解消する必要があります。

意見書や補正書により、拒絶理由が解消されたと判断された場合には、
登録査定が下されます。

意見書や補正書によっても、なお拒絶理由が解消されない場合には、
拒絶査定が下されます。

実際に出願して拒絶理由が通知された後に、意見書や補正書を作成していると登録までに時間がかかってしまう可能性があります。また、意見書や補正書は専門的な知識を要するものなので、個人で出願した場合などには、拒絶理由が通知されて慌てて弁理士に相談したりすることもよくあります。このような場合、弁理士費用がかかってしまいます。

このような無駄な時間と費用をかけないためにも、商標登録出願をする際には、事前に商標調査を行っておいた方がよいでしょう。事前に商標登録を行うことにより、出願の前に拒絶理由を解消することができ、スムーズに登録が望めます。

商標調査については、こちらから