HOME > 先願

先願(8条)


先願とは?(8条1項)


同一または類似する商品・役務について使用する同一または類似の商標について異なった日に二以上の出願があったときは、最先の商標登録出願人のみがその商標について商標登録を受けることができます。

同じ日に、同一または類似する商標が出願されたら?


同一または類似する商品・役務について使用する同一または類似の商標について同日に二以上の出願があったときは、特許庁長官は相当の期間を指定して、協議をしてその結果を届け出るべき旨を商標登録出願人に命じなければなりません。そして商標登録出願人の協議により定めた一の出願人のみが登録を受けることができます。

公平な方法による「くじ」


協議が成立しなかった場合や、指定期間内に届け出がなかった場合には、特許庁長官が行う公平な方法による「くじ」により定めた一の商標登録出願人のみが登録を受けることができます。商標法では、協議不成立で拒絶をすべき旨の査定または審決が確定した場合であっても先願の地位が残りません。よって、同日に出願した両者が登録を受けられなかった場合には、後で第三者が同じ商標について出願したり、両者のうちの一方が出願した場合には、登録が認められる場合があります。そのような不合理を解消するためにも、商標法では「くじ」により、いづれか一方に登録を認めています。







商標トピックスに戻る