HOME > 商標権の抵触

商標権の抵触


抵触


商標権者、使用権者は、指定商品・役務についての登録商標の使用が、その使用の態様により他人の先願の特許権、実用新案権、意匠権、または出願日前に発生した著作権と抵触するときは、指定商品・役務のうち抵触する部分について、その態様により、登録商標の使用をすることができません(29条)。


特許権との抵触


立体商標を指定商品・指定役務について使用すると、物品の形状に係る特許発明の実施に該当する場合。


意匠権との抵触


矢羽根の形状をした万年筆クリップについて意匠権が存在する場合に、万年筆を指定商品とする同じ矢羽根の図形に係る登録商標を万年筆のクリップの形状に表した場合。


著作権との抵触


漫画についての著作権が存在する場合に、その漫画からなる登録商標を子ども用被服について使用した場合。








商標トピックスに戻る