HOME > 標準文字

標準文字


標準文字とは?


標準文字とは、出願の商標が文字のみからなる場合であって、特別な態様についての権利を要求しない場合において、特許庁があらかじめ定めた一定の文字書体のことをいいます。 標準文字での登録を受けたい場合は、願書に「標準文字で登録を受けたい旨」の記載をする必要があります。


標準文字にできないものは?


図形のみの商標、図形と文字の商標、30字を超える文字からなる商標、縦書きの商標、2段からなる商標、色彩を付した商標、特殊な書体からなる商標、ポイントの異なる文字を含む商標などについては、標準文字として登録を受けることができません。





商標トピックスに戻る