HOME > 商標の類否判断

商標の類否判断


商標の類否


商標の類否は、需要者が出所混同を起こす可能性があるかどうかを基準に判断します。

@ 商標が同一で、商品・役務が類似している場合。
A 商標が類似で、商品・役務が同一または類似している場合。

などは、類似範囲にあると考えられます。


類否の判断基準


商標の類否判断は、外観(見た目の紛らわしさ)、称呼(呼び方の紛らわしさ)、観念(意味の紛らわしさ)の判断要素に基づいて、実際の取引実情を勘案し、総合的に判断されます。





商標トピックスに戻る