HOME > 標準文字による登録とは?

標準文字による登録とは?



出願人が、文字のみの商標の登録を求める場合において、特別な態様についての権利を要求しない時は、 特許庁長官が定めた一定の文字書体によるものを商標の表示態様として公表し、登録することを標準文字による登録といいます。

標準文字で出願する場合は、標準文字で登録を受けたい旨を願書に記載する必要があります。



標準文字として出願できないものは、

・図形のみの商標
・図形と文字の結合商標
・指定文字以外の文字を含む商標
・30文字を超える文字数からなる商標
・縦書きの商標
・2段以上の構成からなる商標
・ポイントの異なる文字を含む商標
・色彩を付した商標
・文字の一部が図形的に、又は異なる書体で記載されている商標
・草書体等特殊な書体の商標

などは、標準文字として登録を受けることはできません。




商標トピックスに戻る