HOME > コンテンツ

1.商標権の存続期間

商標権の存続期間は、設定の登録の日から10年をもつて終了する(商標法9条1項)。

写真原則、商標権の存続期間は10年ですが、更新することができます。

写真更新により、さらに10年の存続期間が延長されます。商標権を半永久的に維持させたいならば、定期的に更新の申請を忘れずに行うことが必要となります。


2.更新登録

商標権の存続期間を更新した旨の登録があつたときは、存続期間は、その満了の時に更新されるものとする(商標法9条2項)。

写真更新登録の申請は、原則、商標権の存続期間の満了前6月から満了の日までの間にしなければなりません。

写真例外として、既定の期間内に更新登録の申請をすることができないときは、その期間が経過した後であつても、その期間の経過後6月以内に申請をすることができますが、その場合割増登録料の納付が必要になります。