HOME >よくある質問

よくある質問・疑問



1 商標登録出願の手続きは、弁護士?弁理士?誰に頼めば良いのでしょうか?

2 出願から登録まで、どのくらい期間がかかりますか?

3 会社名を登記しました。同時に商標登録すべきでしょうか?

4 キャラクターの絵は商標登録できますか?

5 標準文字で商標登録をしました。その後登録した文字に色やデザインを加えて使用するのは可能ですか?

6 まだ商標を使用していないのですが、商標登録を受けることは可能ですか?

7 まだ商標登録出願中ですが、他人がその商標を使用しています。どうすれば良いですか?

8 ブランドのロゴを作成しました。著作権で保護されているので、あえて商標登録する必要がありますか?

9 ピアスを指定商品として出願したいのですが、どの区分になるのか教えてください。

10 商標登録したいのですが、少し似ているものが既に登録されています。大丈夫でしょうか?

11 知的財産権ってなんですか?

12 著作権は登録しなくても権利が発生するのですか?

13 商標の使用について教えてください。

14 同じ登録要件でも、3条と4条ではどのように異なるのですか?

15 キャッチフレーズのようなものを商標登録することができますか?

16 フリーペーパーを指定商品として登録を受けることができますか?

17 商標登録出願の願書には何を記載しますか?

18 地域団体商標として登録するためには、どのくらい有名である必要がありますか?

19 使用していない商標を登録することはできますか?

20 商標権を移転することはできますか?





Q&A 一覧



Q.1 商標登録出願の手続きは、弁護士?弁理士?誰に頼めば良いのでしょうか?

A. 弁理士です。商標事務所、特許事務所に依頼するのが良いでしょう。
弁理士は、他人の求めに応じ、特許、実用新案、意匠若しくは商標又は国際出願若しくは国際登録出願に関する特許庁における手続及び特許、実用新案、意匠又は商標に関する異議申立て又は裁定に関する経済産業大臣に対する手続についての代理並びにこれらの手続に係る事項に関する鑑定その他の事務を行うことを業とすると、弁理士法で定められています(4条1項)。



Q.2 出願から登録まで、どのくらい期間がかかりますか?

A. およそ6〜12ヵ月程度かかります。
早期権利化をお望みの場合は、申請により、通常と比べて早期に審査を行う早期審査制度があります。ただし、以下のいずれかに該当していることが申請の要件とされています。

@出願人又はライセンシーが、出願商標を指定商品・指定役務に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、権利化について緊急性を要する出願であること。
A出願人又はライセンシーが、出願商標を既に使用している商品・役務又は使用の準備を相当程度進めている商品・役務のみを指定している出願であること。



Q.3 会社名を登記しました。同時に商標登録すべきでしょうか?

A. 商標登録すべきです。
会社設立の際には、必ず商号の登記が必要となります。商号とは、商人が営業を行うにおいて自己を表示するために使用する名称のことです。商号は、他人の既に登記した商号と同一であり、かつ、その営業所の所在場所が他人の商号の登記に係る営業所の所在場所と同一であるときは、登記することができない(商業登記法第27条)旨が定められていますが、営業所の住所が同一でない場合は、同一の商号が登記されます。商号を登記したからといって、他社の商号の使用を禁止することはできません。
一方、商号を登記したものの商標登録しないまま商号を使用していた場合、同一または似たような商号を持つ企業が、先にその商号について商標登録をしていれば、その企業の商標権の侵害となり、それまで使用していた商号を使えなくなる可能性もあります。
このようなリスクを避けるためにも、商号登記の際には、同時に商標登録も行った方が良いでしょう。



Q.4 キャラクターの絵は商標登録できますか?

A. キャラクターの絵も商標登録できます。
もともとキャラクターは著作権により保護されるものです。しかしキャラクターが、商品のブランドを示すものとして使用されていることにより、キャラクターが自他商品等識別機能、出所表示機能などを有するときはキャラクターを商標登録することができます。

     写真














Q.5 標準文字で商標登録をしました。
    その後登録した文字に色やデザインを加えて使用するのは可能なのでしょうか?

A. 商標権者は、登録商標を指定商品・指定役務についてしようする権利を専有しています。また、色違いの商標については(その登録商標に類似する商標であつて、色彩を登録商標と同一にするものとすれば登録商標と同一の商標であると認められるもの)登録商標の使用であると認められます。 登録商標にデザインを加えて使用するなどの、登録商標と類似する商標の使用は、積極的には認められていませんが、使用すること自体は可能です。 ちなみに第三者が、登録商標と類似する商標を指定商品・指定役務またはこれに類似する商品・役務について使用した場合には、商標権侵害となる可能性があります。



Q.6 まだ商標を使用していないのですが、商標登録を受けることは可能ですか?

A. まだ使用していない商標であっても、近い将来使用する予定がある商標であれば、登録を受けることができます。商標の使用意思については こちらのページ でご確認ください。



Q.7 まだ商標登録出願中ですが、他人がその商標を使用しています。どうすれば良いですか?

A. 金銭的請求権を行使することが可能です。出願後に、出願に係る商標を使用している他人に所定の警告を行った場合、その警告後商標権の設定登録前に他人が出願に係る商標を指定商品・役務に使用した場合、その使用により生じた業務上の損失に相当する額の金銭の支払いを請求することができます。



Q.8 ブランドのロゴを作成しました。
    著作権で保護されているので、あえて商標登録する必要がありますか?

A. 必要あります。あなたが作成したロゴを他人が模倣した場合、著作権侵害で訴えることも可能ですが、その他人があなたのロゴを模倣したことの立証は極めて困難であります。また裁判費用や労力、時間もかかります。一方、商標権を有していれば、他人がロゴを使用したりロゴを真似した場合、仮にその他人があなたのロゴに依拠することなく自ら作成したロゴであったとしても、あなたが登録している商標と同じものや似ているものであった場合、あなたはその他人に対し商標権侵害として、差止請求権や損害賠償請求権の行使をすることができます。裁判費用に比べれば、登録費用は安いので、商標登録することをお勧めします。



Q.9 ピアスを指定商品として出願したいのですが、どの区分になるのか教えてください。

A. ピアスは、第14類になります。第14類の「身飾品(カフスボタンを除く。)」の類似群コード21A02の中に、イヤリングが含まれています。21A02の中には、その他にも貴金属製き章、貴金属製バッジ、貴金属製ボンネットピン、ネクタイ止め、ネクタイピン、ネックレス、ブレスレット、ペンダント、宝石ブローチ、メダル、指輪、ロケットなどがあります。



Q.10 商標登録したいのですが、少し似ているものが既に登録されています。大丈夫でしょうか?

A. 商標登録は、同じものや似ているものが既に登録されている場合には、登録を受けることができません。既に登録されているものと似ているかどうかは、外観(見た目)、称呼(呼び方)、観念(意味)から総合的に判断します。実際の類似判断は審査官の判断を仰ぐしかありませんが、登録できる可能性を上げるためには、出願の前に商標について知識と経験の豊富な専門家に相談することをお勧めします。専門家によるアドバイスを受けることにより、より確実たる権利化が望めるでしょう。



Q.11 知的財産権って何ですか?

A. 人間の知的活動から生じる創造物に関する権利を、知的財産と言います。知的財産には、主に特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などがあります。知的財産には、創作により直ちに発生する著作権のようなものもあれば、商標登録や意匠登録などのように、登録することにより効力が発生するものもあります。



Q.12 著作権は登録しなくても権利が発生するのですか?

A. 登録しなくても、権利が発生します。
著作物(思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの)を創作した者は、著作権及び著作者人格権を享有します。登録する必要はありません。



Q.13 商標の使用について教えてください。

A. 商標の使用とは、

一  商品又は商品の包装に標章を付する行為

二  商品又は商品の包装に標章を付したものを譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、又は電気通信回線を通じて提供する行為

三  役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物(譲渡し、又は貸し渡す物を含む)に標章を付する行為

四  役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物に標章を付したものを用いて役務を提供する行為

五  役務の提供の用に供する物(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物を含む)に標章を付したものを役務の提供のために展示する行為

六  役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該役務の提供に係る物に標章を付する行為

七  電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう)により行う映像面を介した役務の提供に当たりその映像面に標章を表示して役務を提供する行為

八  商品若しくは役務に関する広告、価格表若しくは取引書類に標章を付して展示し、若しくは頒布し、又はこれらを内容とする情報に標章を付して電磁的方法により提供する行為



Q.14 同じ登録要件でも、3条と4条ではどのように異なるのですか?

3条の場合は、商標のもつ本質的機能(自他商品等識別機能など)を問題にした、いわば商標としての一般的普遍的な適格性を問題としているのに対し、4条では、公益的・私益的な保護の立場から、商標登録にあたっての具体的適格性を問題としている点で異なります。3条では、使用意思及び特別顕著性について定められています。4条では、具体的登録要件について定められています。4条において、公益に関する規定は1号〜7号、9号、16号、18号、19号が該当します。



Q.15 キャッチフレーズのようなものを商標登録することができますか?

キャッチフレーズは商標登録できない可能性の方が高いです。キャッチフレーズは、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標であるとして3条1項6号により拒絶されてしまう可能性が高いです。その他にも6号で拒絶されるものの例としては、字模様や現元号である平成の文字などがあげられます。



Q.16 フリーペーパーを指定商品として登録を受けることができますか?

フリーペーパー自体は、商標法上の商品には該当しませんが、例えば、そのフリーペーパーにおいて、企業から対価を得て広告を掲載している場合には、【第35類】の「広告業」の役務を指定して登録を受けることができます。



Q.17 商標登録出願の願書には何を記載しますか?

商標登録出願の願書には、@商標登録出願人の氏名または名称及び住所または居所、A商標登録を受けようとする商標、B指定商品または指定役務並びに6条2項の政令で定める商品及び役務の区分、を記載します。



Q.18 地域団体商標として登録するためには、どのくらい有名である必要がありますか?

地域団体商標として登録するためには、例えば隣接都道府県に及ぶ程度の需要者に認識されていることが要求されます。全国的に需要者の間に認識されるに至っている必要はありません。第三者による自由な使用を制限してまでも地域の名称及び商品の名称等からなる商標を保護すべきであるといえる程度に当該商標に信用が蓄積されていることが必要とされます。



Q.19 使用していない商標を登録することはできますか?

商標法3条1項柱書には、自己の業務に係る商品または役務について使用するものについて商標登録を受けることができる旨が定められています。ですので商標登録するためには、その商標を使用することが要件となっています。ただし現在使用していな商標であっても、近い将来使用する意思があり、かつ、信用の蓄積が期待できるものについては、登録を受けることができます。



Q.20 商標権を移転することはできますか?

商標権は移転することができます。その場合には移転の登録が必要です。ただし、地域団体商標に係る商標権は譲渡することができません。また、国若しくは地方公共団体若しくはこれらの機関又は公益に関する団体であって営利を目的としないものの商標登録出願であって4条2項に規定するものに係る商標権は譲渡することはできません。公益に関する事業であって営利を目的としないものを行っている者の商標登録出願であって、4条2項に規定するものに係る商標権は、その事業とともにする場合に限り移転することができます。 移転とは、「譲渡」と「相続その他一般承継」のことをいいます。





お問い合せ



その他、ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。


写真