HOME > 面白い商標の話

小売等役務商標のメリット


小売等役務商標とは?


小売等役務とは、小売及び卸売りの業務において行われる顧客に対する便益の提供のことであり、小売等役務商標とは 百貨店やスーパー、コンビニエンスストア、魚屋、肉屋、衣料品店、雑貨店などが使用するサービスマークのことをいいます。

区分は【第35類】で、例えば、

・飲食料品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
・酒類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
・食肉の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
・運動具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
・楽器及びレコードの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
・宝玉及びその模造品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供

などが挙げられます。

小売等役務商標のメリット


小売等役務は、全て【第35類】に入っています。
ですので、販売する商品が、「酒類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,食肉の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,運動具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」などと多くても、一区分で出願できますので、出願料と登録料が安くなるというメリットがあります。

出願時の注意点


小売等役務は、全て【第35類】に入っており、一区分で多くの商品をカバーすることができます。
ただし、「衣料品、飲食料品及び生活用品に係る各種商品を一括して取り扱う小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」といった、いわゆる「総合小売等役務」に該当する役務を個人(自然人)が指定してきた場合、1区分内での商品又は役務の指定が広範な範囲に及んでいるため、指定商品又は指定役務について商標の使用又は使用の意思があることに疑義がある場合、などには3条1項柱書により拒絶理由が通知される場合もあります。







面白い商標の話に戻る