HOME > 意匠、不正競争防止法など・・・

関連意匠ってなに?


関連意匠について


関連意匠とは、意匠法独特の制度です。相互に類似する意匠について同一出願人に限り、一定条件下で登録を認めるという制度です。 商標法においては、同一出願人の場合には類似する商標であっても登録が認められますが、意匠法においては、同一出願人であっても先後願の判断がなされます。

意匠法9条においては、

1項で同一又は類似する意匠について異なった日に二以上の意匠登録出願があったときは、最先の出願人のみがその意匠について登録を受けることができると規定されています。2項では、同一又は類似する意匠にうちて同日に二以上の意匠登録出願があったときは、協議により定められた一の出願人のみがその意匠について登録を受けることができると規定されています。

ですので類似する意匠について2以上出願した場合には、最先又は協議により定められた一の出願以外の出願は拒絶されてしまうことになります。

しかし、デザイン開発の現状においては、一のデザインコンセプトから派生したバリエーションの意匠については同等の創作的価値が認められるものであり、これらのバリエーションの意匠を適切に保護するために、意匠法10条では、同一出願人に限り、類似する意匠についての登録を認めています。

関連意匠の制度を利用して出願する場合には、出願人は、自己の出願に係る意匠または自己の登録意匠のうちから選択した一の意匠を本意匠として、その本意匠に類似する意匠を関連意匠として出願することにより、類似する意匠についても9条1項、2項の適用を回避して登録を受けることができます。

関連意匠制度を利用する場合の要件


@ 同一出願人であること


A 関連意匠が本意匠に類似していること


B 関連意匠が関連意匠にのみ類似していないこと


C 本意匠に専用実施権が設定されていないこと


D 本意匠の意匠登録出願の日以降であって意匠公報の発行の日前に関連意匠の出願をすること


E 9条1項2項を除き、一般登録要件を満たしていること

関連意匠の効力と期間


関連意匠の効力は、関連意匠についての意匠権の設定登録により発生します。
また関連意匠の意匠権の存続期間は、本意匠の意匠権の設定登録の日から20年をもって終了します。
意匠権者が本意匠の意匠権のみを放棄した場合であっても、関連意匠の意匠権は消滅しません。 この他にも本意匠の意匠権の登録料未納付により本意匠の意匠権が消滅した場合であっても、関連意匠の意匠権は消滅しません。 また本意匠の意匠権が意匠登録無効審判により無効が確定した場合であっても、関連意匠の意匠権は消滅しません。 本意匠の関連意匠の整理は便宜的なものであり、関連意匠も本意匠と同等の創作的価値を有するものだからです。

関連意匠の移転について


本意匠と関連意匠の意匠権は分離して移転することができません。 本意匠と関連意匠は類似する部分があり、その類似する部分に二以上の者に排他権を与えてしまうと、同一出願人のものでのみ類似する意匠を保護するという関連意匠制度の趣旨に反してしまうことになるからです。







戻る