HOME > 意匠、不正競争防止法など・・・

図面について


図面


意匠登録を受けようとする者は、願書に意匠登録を受けようとする意匠を記載した図面を添付して特許庁長官に提出する必要があります。 意匠が立体的な形態の場合には、正投影図法により同一縮尺で作成された正面図、背面図、左側面図、右側面図、平面図、低面図を一組として表すことが基本です。 意匠が平面的な形態の場合には、同一縮尺で作成した表面図や裏面図を一組として表すことが基本です。

また、上記の図面だけではその形態を十分に表すことができないときには、断面図や拡大図、斜視図などを加えることが必要です。

図面の代わりに


意匠登録出願人は、図面に代えて、意匠登録を受けようとする意匠を現わした写真、ひな形又は見本を提出することができます。その場合には、願書に写真、ひな形又は見本の別を記載する必要があります。

ひな形、見本を提出する場合の留意点


ひな形、見本を提出する場合には、

@こわれにくいもの又は容易に変形し若しくは変質しないもの
A取扱い又は保存に不便でないもの
B所定の袋に収めた場合において、その厚さが7ミリ以下のもの
Cその大きさが縦26センチ、横19センチ以下のもの。
 ただし、薄い布地や紙地を用いるときは、縦横それぞれ1メートル以下の大きさのもの。








戻る