HOME > 意匠、不正競争防止法など・・・

意匠ってなに?


意匠ってなに?


意匠とは、分かりやすくい言えばデザインのことをいいます。 意匠法では、意匠とは物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって視覚を通じて美観を起こさせるものをいう、と規定されています(2条1項)。

つまり意匠とは、物品の形態のデザインであり、視覚に訴えかけるものであり、なんらかの美感を起こさせるものをいいます。特に美術品のような高尚な美を要求するものでなく、なんらかの美感を起こさせるものであれば足ります。

意匠を構成するもの


意匠を構成するために、満たすべき要件は以下の通りです。

@意匠法上の物品であること
A物品の形態であること
B視覚に訴えかけることであること
C視覚を通じて美観を起こさせるものであること

意匠法上の物品であるためには、市場で流通する有体物である必要があります。不動産、電機や光(無体物)、気体や液体(固有の形態を有していないもの)などは物品とは認められません。また物品には物品の部分も含まれます(2条1項カッコ書き)。











戻る