HOME > 商標トピックス

写真





商標のためのミニ辞書。とっても役立つ商標用語の一行解説。

ア行



意見書

異議申立て

色違い類似商標


カ行



願書

拒絶理由通知

拒絶査定

拒絶査定不服審判

金銭的請求権

更新


サ行



出願人

出願公開

審査官

先使用権

専用使用権者


タ行



団体商標

地域団体商標

通常使用権者

登録査定

登録料

特許庁


ナ行








ハ行



判定

標章

不使用取消審判

分割

分割納付

補正却下不服審判

防護標章登録


マ行、その他



無効審判

マドリッド協定議定書



用語解説



【意見書】

審査官から拒絶理由が通知された場合、意見書で対応します。


【異議申立て】

何人も、商標掲載公報発行の日から2月以内に、登録について異議申し立てをすることができます。


【色違い類似商標】

登録商標に類似する商標で、色彩を同一にすれば登録商標と同一と認められる商標のことをいいます。


【願書】

願書に出願人の氏名等、登録をうけようとする商標、指定商品・役務並びにその区分を記載して出願します。


【拒絶理由通知】

審査官は、拒絶査定をしようとするときは、拒絶理由を通知します。


【拒絶査定】

登録が認められない場合には、拒絶査定がなされます。


【拒絶査定不服審判】

拒絶査定に不服がある場合には、査定謄本の送達日から3月以内に、拒絶査定不服審判を請求できます。


【金銭的請求権】

警告することにより、警告後設定登録前に使用した者に業務上の損失に相当する額の金銭を請求できます。


【更新】

商標権の存続期間は、更新の申請により、さらに10年間更新することが出来ます。


【出願人】

商標登録出願をした者のことを出願人といいます。


【出願公開】

特許庁長官は、商標登録出願があったときは、出願公開をしなければなりません。


【審査官】

出願の商標を登録できるかどうか、特許庁の審査官により審査されます。


【先使用権】

他人の出願前から使用していて、周知性を獲得している者は、先使用権を有します。


【専用使用権者】

専用使用権者は、設定行為で定めた範囲内において、商標登録を使用する権利を専有します。


【団体商標】

一般社団法人等は、構成員に使用させる商標について団体商標の商標登録を受けることができます。


【地域団体商標】

事業協同組合等は、7条の2の条件を満たしている場合、地域団体商標の商標登録を受けることができます。


【通常使用権者】

通常使用権者は、設定行為で定めた範囲内において、商標登録を使用する権利を有します。


【登録査定】

登録が認められる場合には、登録査定がなされます。


【登録料】

登録査定がなされたら、査定謄本の送達日から30日以内に、登録料を納付します。


【特許庁】

商標登録出願は特許庁に行います。


【判定】

商標権の効力について、特許庁に対し、判定を求めることができます。


【標章】

文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合このとをいいます。


【不使用取消審判】

何人も、登録商標が国内で継続して3年以上使用されていない場合、不使用取消審判を請求できます。


【分割】

商標権は、指定商品・役務が二以上あるときは、指定商品・役務ごとに分割することができます。


【分割納付】

登録料を前半5年分と後半5年分に分けて納付することができます。


【補正却下不服審判】

補正却下の決定を受けた者は、決定の謄本送達の日から3月以内に、補正却下不服審判を請求できます。


【防護標章登録】

著名商標を保護するために防護標章登録をすることができます。


【無効審判】

利害関係人は、登録について無効審判を請求することができます。


【マドリッド協定議定書】

WIPO国際事務局が管理する国際登録簿に国際登録を受け、指定締約国での保護についての条約です。