HOME > 特許、実用新案など・・・

特許権の効力について


特許権の効力は?


特許権の効力は設定登録により発生します。 また特許発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて判断されます。また願書に添付した明細書の記載や図面を考慮して特許請求の範囲に記載された用語の意義を解釈します。

第三者が他人の特許発明の技術的範囲に属する発明を業として実施する行為は、形式的に特許権侵害に該当します(68条、70条)。

均等の5要件


しかし、出願の際に、将来起こりうるあらゆる侵害態様を予測して特許請求の範囲を記載することは極めて困難なことであり、また特許請求の範囲に記載された構成要素の一部を特許出願後に明らかとなった技術等に置き換えることによって、権利行使を容易に免れることができるとすれば、社会一般の発明への意欲を減殺することになり、法目的や社会正義に反し、衡平の理念にもとる結果となってしまいます。

そこで、特許請求の範囲に記載された構成中に侵害品と異なる部分が存在する場合であっても、

@その部分が本質的な部分ではなく、
A置換をしても、特許発明の目的を達成することができ、同一の作用効果を奏するものであり、
B置換をすることに、当業者が、侵害品の製造時において容易に想到することができたものであること、
C侵害品が、特許出願時における公知技術と同一又は当業者がこれから容易に遂行できなものでないこと、
D出願手続きにおいて、侵害品が特許請求の範囲から意識的に除外した等の特段の事情がないこと、

これらの均等の5要件に該当する場合には、その侵害品は特許発明と均等なものとして技術的範囲に属するものと解されます。











戻る