HOME > 特許、実用新案など・・・

不正競争防止法2条1項3号


2条1項3号


他人の商品の形態(当該商品の機能を確保するために不可欠な形態を除く。)を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為は、不正競争に該当します。

本号の要件


@ 実質的同一性(商品が実質的に同一であること)
A 模倣性(相手側に模倣の意図があること)
B 形態特異性(商品が通常有する形態でないこと)
C 販売から3年以内であること
D 原告側が主体的要件を満たしていること


商品の形態とは?


・商品の外部及び内部の形状並びに形状に結合した模様、色彩、光沢及び質感
・需要者が通常の用法に従った商品の使用に際して知覚によって認識できること

模倣するとは?


独自に創作した物ではなく、他人の商品の形態に依拠し、実質的に同一の形態の商品を作り出すこと

適用除外(19条)


・日本国内において最初に販売された日から起算して3年を経過した商品の形態を模倣した商品を譲渡、輸入等する(行為上記要件C(第1項第5号イ))

・譲り受けた時にその商品が他人の商品の形態を模倣した商品であることを知らず、かつ、知らないことにつき重大な過失がない者がその商品を譲渡、輸入等する行為 (第1項第5号ロ)





戻る