HOME > コンテンツ

商標法4条1項8号に基づく不登録理由


他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。) (4条1項8号)


写真この規定は、人格権保護の観点から設立されたものです。
ここで「他人」とは、現存する者をいい、外国人も含まれます。
雅号、芸名、筆名、略称は著名なものに限り、それを含んでいる商標は登録を受けることができません。

写真自己の氏名であっても、他人の氏名と一致するときは、その他人の承諾を必要とします。