HOME > コンテンツ

商標法4条1項12号に基づく不登録理由


他人の登録防護標章(防護標章登録を受けている標章をいう。以下同じ。)と同一の商標であつて、その防護標章登録に係る指定商品又は指定役務について使用をするもの (4条1項12号)


写真他人の登録防護標章と同一の商標で、指定商品・役務も同一のものは、登録を受けることができません。


写真登録防護標章とは、登録された「防護標章」のことをいいます。著名な商標を保護することを目的とし、他人が著名な商標を非類似商品等へ使用することを防止することを目的としているもです。
商標権者は、自己の登録商標が、自己の業務に係る指定商品等を表示するものとして需要者の間に広く
  認識されている場合であって、他人がその商標を指定商品等と類似しない商品等について使用すると、当
  該商標権者の業務に係る商品等であると出所の混同を生じさせるおそれがあるときは、その使用の有無
  にかかわらず、混同のおそれがある商品等について、防護標章の登録を受けることができます。