HOME > コンテンツ

4条1項10号に基づく不登録理由

他人の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標又はこれに類似する商標であつて、その商品若しくは役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするもの(4条1項10号)

写真他人の周知商標と同一または類似する商標は、登録を受けることができません。
ここでいう周知商標は登録されているものに限られませんが、需要者の間に広く認識されていることを
  要します。

写真「需要者の間に広く認識されている商標」とは、最終消費者まで広く認識されている商標のみならず、取引者の間に広く認識されている商標も含みます。周知性の程度は、一地方で広く認識されている程度
  で足りるとされています。